お食い初めに必要な食器は?当店おすすめの食器もご紹介!

山陰作家さんの器

こんにちは。

鳥取県のイオンモール日吉津店内、うつわギャラリー釉です。

赤ちゃんが産まれると、無事に産まれてきてくれたことに感謝したり、これからの成長を願うたくさんのお祝い、行事がありますね。

その中でもお食い初めは、産まれた子が「一生食べ物に困ることなく、健やかに成長しますように」という願いを込めて生後100日頃に、お祝いの料理を用意して、お箸で赤ちゃんに食べさせるマネをする行事です。

生後100日頃に行われるので、「百日祝い(ももかいわい)」とも呼ばれるこのお祝いですが、どのような食器を使ったらいいか分からない、といった方もおられるのではないでしょうか?

今回は、お食い初めにはどのような食器が必要なのか、また、当店のおすすめ食器をご紹介したいと思います。

お食い初めに必要な食器は?

お食い初めは、平安時代から受け継がれてきたとされる、日本の伝統的なお祝い行事の一つです。

本格的なお祝いの儀式として行う場合であれば、正式には、使う食器は、漆器や素焼きで作られたものを高脚のお膳に用意し、お箸は、折れにくく丈夫な柳の祝箸を用意するとされています。

しかし、最近では、必ずしも正式なものを使わなければならないという決まりもなくなってきていますし、それぞれの家庭や生活スタイルに合わせたお食い初めのお祝いをされる方が多いようです。

そのため、お食い初めで用意する、一汁三菜のお料理が盛りつけられる基本的な食器があれば、それを使うことができます。

お食い初め食器の並べ方&入れるもの

お料理は、一汁三菜を用意します。

・左手前…赤飯などのご飯を盛りつけます。

・右手前…お味噌汁やお吸い物など、汁物を盛りつけます。

・左奥…煮物など、温かいものを盛りつけます。

焼き魚用に別に用意しない場合は、こちらに盛りつけます。

・右奥…あえ物など、冷たいものを盛りつけます。

・中央…梅干しなどの香の物、歯固めの石を盛りつけます。

「梅干し」は、しわができるまで長生きを、

「歯固めの石」は、石のように丈夫な歯が生えるようにと、縁起物となっています。

徹底レクチャー!お食い初め食器の選び方

お食い初めに使う食器は、家にあるもので使うこともできますが、せっかくなら、新しいものを用意しようと思うときに、どのようなポイントで選べばよいか、ご紹介していきます。

伝統的なスタイルでお食い初め食器を選ぶ

一生に一度の大切なお食い初めの儀式なので、本格的に、昔からの伝統のスタイルでお祝いしたい方は、お食い初め用の漆器を用意することが、ならわしとなっています。

「飯椀」「汁椀」「平椀」「つぼ椀」「高坏」とお膳の漆器のセットを用意します。

男の子のお食い初め食器を選ぶ

伝統的なスタイルで行う場合は、男の子と女の子で使われる色が違います。

男の子なら内側も外側も朱色の漆器を選びます。

かつて、女の子より男の子の方が命を落としやすかったことから、魔除け効果が高い赤(朱)を使われていたと考えられています。

女の子のお食い初め食器を選ぶ

女の子の食器も、伝統的なスタイルを選ぶのであれば、外側が黒で内側が朱色の漆器を選びます。

伝統的なスタイルと、その色についてのいわれは色々ありますが、近年では性別にこだわらず、自由に好みの色を選ばれる傾向もありますので、いろんな選択肢を考えられてもいいと思います。

お食い初め後も普段使いできる食器を選ぶ

実用性を重視して選ぶなら、お食い初めだけでなく、その後から始まる離乳食や、普段の食事にも使いやすい食器を選びましょう。

陶器や磁器の食器なら、普段の食卓にもなじみ深いので、お食い初めが終わった後の日常の食事の時にも使いやすい食器です。

小さい時から、割れやすい陶磁器の食器を使うことは、少し不安と思われるかもしれません。

でも、割れやすいからこそ、物を大切に使うという気持ちを育てることができます。

また、お子さんは、大人と同じものを食べたい!同じものを使いたい!と思うことがありますよね。

大人と同じ陶磁器の食器を使うことで、同じものを使えるという嬉しさを感じて、食事の時間も楽しく過ごすことができると思います。

お食い初め食器に関するよくある質問

Q.使わなくなったお食い初め食器の処分方法は?どうしたらいい?

普段使いできる食器なら、そのまま普段用におろして使ってもらえば、と思います。

お食い初め用のセットになっていて、普段使いしにくいというものは、状態が良ければ、ご友人に譲ったり、リサイクルショップで引き取ってもらったりすることもできそうです。

また、お宮参りなどで神社からいただいた食器で、もう使わなくなった場合は、取り扱ってもらえる神社に奉納するという方法もあります。

Q.お食い初め食器は兄弟で使い回してもよい?

初めてのお子さんの場合は、初めてのお食い初めで食器を買いそろえたり、お祝いにもらったりすることが多いかもしれません。

お子さんそれぞれに新品を用意する必要はなく、同じものをお使いいただいて良いと思います。

お子さんの成長を願う行事やお祝いは、成長に伴いたくさんありますし、一度の行事に高価なものをそのたびに揃えていては、負担になってしまいます。

むしろ、「上の子の時のお食い初めの食器があって良かったね」というくらいの気持ちで、同じ食器を使うことで、「あの時はこうだったなぁ」など、お食い初めのことを思い出したり、お子さんの成長も感じられるかもしれません。

形にとらわれすぎずに、成長を願う気持ちを大切に、お祝いしてもらえたらと思います。

Q.お食い初めに離乳食用(プラスチック)を使っても大丈夫?

プラスチック製の食器は、軽くて丈夫なので、赤ちゃんが遊んで投げたり落としてしまっても安心です。

なので、初めてのご飯が始まる離乳食用の食器にと、準備されることも多いかと思います。

食洗器や電子レンジ対応のプラスチック製の食器なら、離乳食の準備や後片付けも楽にできます。

また、キャラクターや色味など、バリエーションも豊富なので、お子様の好みに合わせて選ぶこともできますし、最近では、100均でお手頃に購入することもできますね。

プラスチック製の食器は、気軽に使えて、様々な場面で活躍してくれるので、もちろん、お食い初めにお使いいただいても大丈夫です。

お食い初め後も普段使いできる!当店おすすめ名入れ食器

せっかくなら、お食い初めだけでなく、その後も長く使いたいという方におすすめしたい、名入れ食器をご紹介します。

名前入りのオリジナル食器

「小さな頃から本物の食器に触れてほしい」

そんな思いを込めて、鳥取県の陶作家Ashwork 足塚由江さんが、ひとつひとつ丁寧に手作りされいる食器です。

お子様のお名前と、干支や好きなイラストを入れることができるので、世界に一つだけの食器セットを作ることができます。

⇒名入れ食器3点セット【干支】商品ページはこちら

⇒名入れ食器3点セット【くだもの】商品ページはこちら

⇒名入れ食器3点セット【のりもの】商品ページはこちら

初めてのお食事のお祝いであるお食い初めに、ぜひ使っていただきたい名入れ食器です。

半磁器で使いやすい

陶器より丈夫で、磁器よりも土の温かみがあり、優しい風合いも兼ね備えた半磁器。

陶器と磁器のいいとこ取りをした、半磁器製の名入れ食器です。

もちろん、落とすと割れやすいので、「焼き物で食事をさせる」ということには気を使うかもしれません。

だからこそ、小さいころから本物に触れて、物を大切に使うということを感じてほしいなぁ、と思います。

長く使えるシンプルなデザイン

優しい白色に、ワンポイントのイラストとお名前入りの食器なので、どんなお料理とも相性が良いです。

朝昼夕のご飯の時間だけでなく、おやつの時間にも活躍してくれます。

また、シンプルでおしゃれなデザインだからこそ、飽きが来ず、少し大きくなってからでも、長く使ってもらえると思います。

お食い初めに必要な食器は?まとめ

赤ちゃんが産まれて、慣れない生活に戸惑ったり、初めてのお祝いや行事に、準備が大変…と少し不安になってしまうこともあるかもしれません。

いろいろある行事でも、一番大事なことは、赤ちゃんの健康や幸せを願ってお祝いすることです。

その中でもお食い初めは、一生食事に困らないように、幸せに食事ができるようにとお願いするものです。

お食い初めに必要な食器についてご紹介してきましたが、それぞれのスタイルを選択し、好きな食器で、好きな人たちと食卓を囲んで、楽しいお祝いの時間が過ごしてもらえたらと思います。

タイトルとURLをコピーしました