バッグだけじゃない!風呂敷の意外な使い方とは?

社長のつぶやき

皆様こんにちは!

うつわギャラリー釉社長の石賀です。

今回は、古来から日本の生活には欠かせない代物「風呂敷」の使い方について、紹介したいと思います。

みなさまのご参考になれば嬉しいです。

風呂敷をバッグ代わりに

風呂敷はバッグ代わりにして使えます。

現在、レジ袋有料化が進んでいますので、エコバッグ代わりにしてもいいですね。

そして何と言っても軽くコンパクトで持ち運びに便利!

旅行の際にも、洋服や下着を包んで簡単にまとめられるのが魅力です。

大判風呂敷で着物を包む

大判風呂敷であれば、着物も包めます。

そして150センチ幅であれば、たとう紙ごと包めちゃう!!

153センチの私がすっぽり見えなくなる大きさです!

風呂敷が傘になる?

なんと、雨の日が大好きになる綿100パーセントの「水をはじく風呂敷」まで登場しました!!

遠くに止めてしまった駐車場から、急に雨が降ったら・・・この水をはじく風呂敷1枚あれば、傘代わりに使えるのです。

車内に、カバンの片隅にあれば安心ですよね。

風呂敷は使い方色々

他にも、タペストリーにして飾ってみたり、テーブルクロスにしてみたり…

風呂敷はアイデア次第で様々な使い方が出来ます。

みなさんも是非考えてみてくださいね。

今回のブログ担当は社長 石賀でした

ブログ登場商品

綿大判風呂敷(約118㎝) 日本の秋
本体価格2,500円+税
綿大判風呂敷(約118㎝) 北斎浪
本体価格2,500円+税
風呂敷は店頭のみの取り扱いとなっております。

コメント

タイトルとURLをコピーしました