藍色の器には癒し効果がある?

店舗からのお知らせ

こんにちは。

鳥取県のイオンモール日吉津にある「うつわギャラリー釉」です。

私の好きな「藍色のうつわ」

当店でも、藍色の器はとても人気があります。

「藍」といえば「藍染」

着物や暖簾、手ぬぐいなど昔から布物に多く使われている色。

デニムの色「インディゴ」など、身近な藍色。

なぜ、藍色に惹かれるのでしょう?

藍の歴史

藍は、人類最古の染料と言われ、防虫・防腐・薬としての効果もあることから、世界各地で使われていました。

日本では、およそ1500年前に中国から朝鮮を経由して使われるようになりました。

平安時代では、上流階級が身に付ける高貴な色とされていました。

鎌倉時代に入ると、消炎・解毒・止血の作用もあることから、武士が鎧の下に身に付けるようになりました。

深い藍色を「褐色(かちいろ)」といい、「かち」=「勝ち」から、縁起の良い色として、武士が好んでつけていたようです。

江戸時代に入ると、一般庶民にひろまり、着物や作業着、暖簾などに使われるようになりました。「染め屋」は「紺屋」とも呼ばれていたようです。

明治初めに来日した、イギリス人科学者 ロバート・ウィリアム・アトキンソンは、日本の街に溢れる藍色を「ジャパン・ブルー」と呼んで賞賛。

その後明治23年に来日した、ラフカディオ・ハーン(小泉八雲)も、「この国日本は、神秘なブルーに満ちた国」と絶賛したと言われています。

昔から世界中の人を魅了する「藍色」。

藍色の効果

色には、心理的作用もあるといわれています。

「暖色」と言われる「赤・オレンジ・黄」などは、交感神経を優位にし、情熱、活発、元気など外に向かうエネルギーを与えてくれる色です。

反対に「寒色」と言われる「青・緑」などは、副交感神経を優位にし、安らぎと落ち着きを与えてくれます。

紺色(藍色)は、さらに「深い」青。

血圧を下げ、呼吸を安定させ、集中力を高める効果のある紺色は、「落ち着き・信頼・誠実」を意味し、医療現場や、制服などに多く取り入れられています。

青は、食欲をコントロールする色ともいわれています。

明るい青は、食欲減退。ダイエットには向いている色と言えそうです。

深い青(藍色)は、安らぎを与え、落ち着いた食卓を演出してくれます。

藍の器

藍色(紺色)と相性の良い色は、茶系、ベージュ、カーキ(グリーン)。

お料理とも相性がいいはずです!

煮物にサラダ・・・和食、洋食どんなお料理とも合わせやすい藍色の器。

古くから人を魅了した「藍」。

藍色の器に惹かれる理由がわかった気がします。

1日の疲れを癒す食事の時間。

安らぎを与えてくれる「藍の器」を取り入れて、おうち時間を楽しみませんか?

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました