手作りゆず茶とお気に入りの器で 冬のおうち時間を楽しみましょう

今日のうつわ

こんにちは

鳥取県のイオンモール日吉津店内、うつわギャラリー釉です。

この時期、あちらから、こちらから、たくさんゆずをいただきます。

どんどん集まってきたので、寒いことですし、、、

おうち時間に、お鍋でコトコトゆず茶を作ってみました。

まず、半分に切ってゆずを絞ります。

熟れているゆずからは、たくさん果汁が絞れます!

絞ってワタを取った皮をひたすら刻みます。

この刻む作業、無心でします。無心でトントンするのもいい時間です。

刻んだ皮を茹でこぼします。そうすると、ゆずの苦味が抑えられるみたいです。

沸騰して2、3分したら、お湯をきりって軽く水洗いします。

ゆずの皮と果汁を足した量と同じくらいのお砂糖と一緒に、お鍋に戻します。

結構な量のお砂糖にびっくりしますが、すぐに溶けてなじんでいきます。

とろみがつくまでコトコト煮ればできあがりです。

お湯で割って、ゆず茶にしていただきます。

夏に大活躍したそば猪口も、温かいゆず茶を入れたら冬でも楽しめます♪

ゆずジャムとしてヨーグルトにかけてデザートにしたり、お酒で割って、より一層温まるという楽しみ方もできそうです。

ゆずには風邪予防、免疫力アップなど、これからの時期にありがたいパワーがつまっています!

温かくして、寒い冬を乗り越えましょう!!

タイトルとURLをコピーしました